事業案内

データ利活用事業

当社は、メディカル・データ・ビジョン株式会社が保有、運営する2000万人を超える、日本最大規模の診療データを活用しています。当該診療データベースは、病院からデータの二次利用許諾をいただいた、DPCデータ/レセプトデータをもとに構築されています。なお、取り扱っているデータは全て、個人情報保護の観点から匿名化処理されています。

図中のボタンクリックで詳細説明を閲覧できます

治験依頼者からの依頼のもと、臨床試験の診療データベースを用いたフィージビリティ調査を実施し、各医療機関へ案件をご紹介いたします。
各医療機関から受託の可否を確認し、受託可能と回答いただいた医療機関を治験依頼者へご案内いたします。こうしたデータベース活用によって、迅速な施設選定をサポートいたします。

SMO事業

当社は、SMO(Site Management Organization)として、医療機関の治験実施をサポートいたします。 CRC(Clinical Research Coordinator;治験コーディネーター)がCRC業務と治験事務局業務を兼務し、臨床試験の案件紹介を含めて施設をフルサポート。 当社が強みとしてきた、皮膚科、精神科、糖尿病性疾患領域に加え、大規模施設への支援体制も整えております。 また、院内にIRBを持たない医療機関向けに、セントラルIRB(東京アレルギー・呼吸器疾患研究所)でのサポートも実施しております。